今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

優秀賞

快動力 REAL

保田 克史

BOWDA Katsushi

短編アニメーション [日本]

© KATSUSHI BOWDA 1998.

プロフィール

保田 克史

BOWDA Katsushi

日本

1964年生まれ。武蔵野美術短期大学工芸デザイン卒業。学生時代から立体アニメーションの自主制作を始める。 97年株式会社スリー・ディー入社。89年からフリーランス、立体アニメーション、2Dアニメーション、立体イラストレーションなどを中心に、TV番組、TVCM、グラフィック広告、ビデオパッケージ、CD-ROM 、雑誌、展示映像、キャラクター制作等を手掛ける。現在、徳島アニメーション学校講師。日本アニメーション協会会員。

( 1998 )

贈賞理由

この作品は、人体(身体)と歯車(機械)とをモンタージュしてアニメートしている。画面もモノクロームで構成され、1920年代から30年代の構成主義的な表現や、同時代のSFの表現を思わせるものがある。CGを使った複雑な表現が増えている中にあって、エレクトロニクスではなく機械的な作品である。

部門トップに戻る