今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

優秀賞

ホーホケキョとなりの山田くん

高畑 勲(監督)

TAKAHATA Isao (Director)

劇場アニメーション [日本]

© 1999 Hisaichi Ishii / Hatake Jimusyo / TGNHB

プロフィール

高畑 勲

TAKAHATA Isao

日本

1935年、三重県伊勢市生まれ。7人兄弟の末っ子。1959年に東京大学仏文学科卒業後、東映動画へ入社。テレビ『狼少年ケン』第14話、『ジャングル最大の作戦』(1964)で初演出。 劇場用映画『太陽の王子ホルスの大冒険』(1968)で初監督。 以後『アルプスの少女ハイジ』(1974)、『母をたずねて三千里』(1976)、『赤毛のアン』(1979)(以上、TV・演出)、『じゃリン子チエ』 (1981)、『セロ弾きのゴーシュ』(1982)、『火垂るの墓』(1988)、『おもひでぽろぽろ』(1991)、『平成狸合戦ぽんぽこ』(1994)を発表。 プロデュース作品に『風の谷のナウシカ』(1984)、『天空の城ラピュタ』(v86)がある。 著作に『「ホルス」の映像表現』『話の話』『木を植えた男を読む』、『映画を作りながら考えたこと』、『十二世紀のアニメーション』(以上、徳聞書店刊)等がある。

( 1999 )

贈賞理由

三世代同居の山田家の失敗やナンセンス。 爆笑させ、苦笑させ、時にしんみり。 数十本の短編集合体で描き出す、日本の家族の原風景、失われた家族の肖像。 いしいひさいちの毒っ気を俳句まじりのやんわりやさしい水彩画調に変換した、いわばアニメによる小津安二郎の世界。 技術も演出も日本のアニメ史を飾る1ページである。

部門トップに戻る