今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

大賞

老人と海

Alexander PETROV

短編アニメーション [ロシア]

© 1999 Productions Pascal Blais l,inc. IMAGICA Corp., Panorama Animation Film Studio de Yaroslavl

プロフィール

Alexandre PETROV

ロシア

1957年生まれ。ヤロスラワ美術学校(ロシア)、映画学校(モスクワ)等を経て、1981年にアートディレクターとして映画界に入った。 ユリ・ノルスティンに師事した後、1989年に『雌牛(The Cow)』を発表。 『雌牛』は 1990 年のオスカー賞にノミネートされ国際的に注目を浴びたのをはじめとして、第3回広島国際アニメーションフェスティバルグランプリのほか、バルナ(ブルガリア)、オタワ(カナダ)アニメーションフェスティバル、ベルリン映画祭にて受賞。その後、ヤロスラワにてパノラマ社を設立し、第2作目『おかしな夢を見る男(The Dream of aRidiculous Man)』を1992年に発表し、1994 年にかけてアネシー(フランス)、オタワ、タンペレ(フィンランド)、エスピノ(ポルトガル)、ビラコンデ(ポルトガル)、広島など、世界各地のアニメーションフェスティバルで数々の賞を受賞。 前作『マーメイド(The Mermaid)』は、1998 年のオスカー賞に2度目のノミネートをされた他、シネナニマ97のグランプリ、広島国際アニメーションフェスティバル広島賞等々を受賞。

( 1999 )

贈賞理由

この作品は、オイルペインティングによるガラス絵というアニメーションならではの手作り作業が非常に粋。 また、ジャイアントスクリーンへの果敢なチャレンジ。 そして国際混合スタッフの見事な連携プレイ。どこをどう切っても興奮感動の、これは一大偉業である。

部門トップに戻る