今年度のフェスティバルへ

デジタルアート(ノンインタラクティブ)部門

部門トップに戻る

優秀賞

Insanity

大竹 時生

OHTAKE Tokio

CG動画/組作品 [日本]

© 大竹 時生

プロフィール

大竹 時生

OHTAKE Tokio

日本

1998年、日本大学芸術学部美術学科絵画コース卒業。同年、夜のかおり展出展。そのほか、meeting exhibition2 夜のにおい展(1999)、デサインフェスタvol.11(2000)、デザインフェスタvol.13(2001)、漢字連想芸術展(2001)出展。2001年m現代美術小品展入選。

( 2001 )

贈賞理由

魅力的な作品である。コンピュータに反抗してみせながら、コンピュータを楽しんでいるからである。一見誰にでも出来そうで出来ない表現であり、作者はアーティストとしてよい感性の持ち主であるように思われる。

部門トップに戻る