今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

優秀賞

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

神山 健治

KAMIYAMA Kenji

テレビアニメーション [日本]

© Shirow Masamune・Production I.G/KODANSHA

プロフィール

神山 健治

KAMIYAMA Kenji

日本

1966年生まれ。高校在学中から自主アニメーションの制作を始める。埼玉県立秩父農工高等学校食品科学課卒業後、シェフの修行をする傍ら自主アニメーションの制作を続け、1985年スタジオ風雅に入社。劇場『AKIRA』『魔女の宅急便』等に背景として参加。1996年、プロダクション I.Gにて押井守が主催した押井塾に参加。同時に劇場『人狼』演出、『BLOOD』脚本、『ミニパト』監督と実績を積み、現在TV『攻殻機動隊』を監督中。

( 2002 )

贈賞理由

海外でも高い評価の士郎正宗氏原作のマンガ、押井守監督の劇場アニメに続く、完全オリジナルのテレビシリーズである。新進気鋭の神山健治監督を中心に若いスタッフ陣が、どのような作品に仕立てるのか、制作発表時から注目を集めていた。原作、押井作品に共通した独特の世界観は、省略されているが、その分テレビシリーズを意識したわかりやすいエンターテイメント作品になっている。新しいキャラクターとなった草薙素子も、「攻殻ファン」には新たな魅力になると思う。

部門トップに戻る