今年度のフェスティバルへ

デジタルアート(インタラクティブ)部門

部門トップに戻る

優秀賞

type R

柴田 知司

SHIBATA Satoshi

インスタレーション [日本]

© 2002 Shibata Satoshi All rights reserved

プロフィール

柴田 知司

SHIBATA Satoshi

日本

1978年愛知県生まれ。1999年、成安造形大学造形学部デザイン科入学。映像クラスにおいてCGを専攻し、主にコンピュータを用いたインスタレーション作品を制作。2002年4月より「水」をインターフェイスにした作品を展開。軌跡をテーマに空間を意識したインタラクションを研究。同年8月、展覧会「iconmemory」(京都立体ギャラリー射手座)にて作品を発表。現在は大学の卒業制作展にむけて作品を制作中。

( 2002 )

贈賞理由

上面照射と下面照射により水面に浮かび上がる凹凸のある立体的なテキストを手によって触覚的にナビゲートしていく作品である。下から上に投影された光の映像は水面を通り抜け、天井にもうひとつの世界を作り出す。画面テキストは水面に触れるまで待機状態にあり、指で触れた瞬間に揺らいでいた線が収縮し、次の頁がめくられる。身体が重力からは逃れられないように、方向性と密接な関係を持つ。この作品空間が持つ上下左右の方向性は、観客のインタラクションに対応した空間と身体の静寂なダイアローグ環境を作り出している。

部門トップに戻る