今年度のフェスティバルへ

デジタルアート(ノンインタラクティブ)部門

部門トップに戻る

優秀賞

リッタイポ “E”“A”“R”“N”

齋藤 浩

SAITO Hiroshi

CG静止画 [日本]

© Hiroshi Saito

プロフィール

齋藤 浩

SAITO Hiroshi

日本

1969年生まれ。デザイナー。武蔵野美術大学短期大学部デザイン科卒、同専攻科修了。第47回朝日広告賞/入選、第67回毎日広告デサイン賞/奨励賞、第49回朝日広告賞/入選(2作品)、第69回毎日広告デサイン賞/優秀賞、第6回世界ポスタートリエンナーレトヤマ/入選他。日本グラフィックデザイナー協会、ディジタル・イメージ各会員。今回の受賞作『リッタイポ(Re-typo)』は、CGを技術ではなく美術として捉えてもらうための提案として1998年より開始したシリーズ。

( 2002 )

贈賞理由

CGと言えば、超現実的で摩訶不思議な暗い世界ばかりではないだろう。そんな傾向を引きずっていると、デジタルアートが狭義なものになって、グラフィックアートの本質から離れるばかりである。デジタル技術の向上は、技術の極みが丸見えであることの競演ではない。それが水面下にあることで、シンプルであることも、爽やかであることも、それぞれの可能性がより飛躍して、全体がレベルアップするべきものなのである。そういう意味で、齋藤浩氏の作品が示すシャープで力強く美しい造形に救いを垣間見ることができたように思う。

部門トップに戻る