今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

優秀賞

ガラクタ通りのステイン

増田 龍治

MASUDA Ryuji

テレビアニメーション / オリジナルビデオアニメーション(OVA) [日本]

© MASUDA Ryuji / SCITRON DIGITAL CONTENT / S-ONE T-THREE

プロフィール

増田 龍治

MASUDA Ryuji

日本

1968年、熊本県生まれ。大阪芸術大学 映像学科卒業。 ゲームのオープニングムービー演出を経て、2000年『ポピー・ザ・パフォーマー』で、原作・脚本・監督デビュー。同作品終了後、岩瀬敬吾のミュージッククリップ『ドライブカー』を演出。続く『ガラクタ通りのステイン』でも原作・脚本・監督を担当し、2003年度の釜山国際映画祭に正式招待を受ける。現在は、実写のオムニバスドラマ『温泉たまご(仮題)』を制作中。京都造形芸術大学特任講師。

( 2003 )

贈賞理由

3DCGキャラクター・アニメーションで、童話風ながら大人向け。多少、毒があるので万人向けとはいえないが一話完結のそれぞれがおもしろい。場面がよく構成されていてむだがないのは、一本が短い作品であることを考慮に入れても見事。カメラ切り替えのテンポもよい。セリフが一切ないため演技のみで状況を説明しているが、これが的確でわかりやすい。動きもしっかりしていて、3D-CGという手法が活きた完成度の高い作品。

部門トップに戻る