今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

大賞

デジタル・ガジェット 6,8,9

クワクボ リョウタ

KUWAKUBO Ryota

インタラクティブアート [日本]

© KUWAKUBO Ryota

プロフィール

クワクボ リョウタ

KUWAKUBO Ryota

日本

1998年、明和電機とともに『ビットマン』を発表して以降、エレクトロニクスを中心にデジタルとアナログの境界線上で 作品を製作している。2002年に『PLX』で,2003年には『BlockJam』(ソニー+ソニーCSLとの共同製作)でアルス・エレクトロニカに入選。筑波大学大学院修士課程デザイン研究科総合造形修了/国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)卒業。

( 2003 )

贈賞理由

企業の画一的なデジタル製品とは違う、オリジナリティ溢れるデジタル・ガジェットを、高い技術力とセンスあるデザインで、全て手作りで組み上げた。「テクノロジーの進歩はひとつではない」という、作者独自のテクノロジー論が貫かれた、かつ生活の中でも十分楽しめるメディアアートでもある。エンターテインメントと、アートと、技術とが融合した「電子工芸」とでもいうべきこの作品は、日本的な新しいスタイルといえよう。

部門トップに戻る