今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

優秀賞

Venus Villosa

Silvia RIGON

インスタレーション [アメリカ / イタリア]

© Silvia Rigon

プロフィール

Silvia RIGON

ロサンジェルス在住の視覚芸術家。イタリアで生まれ育った彼女は、ヴェニスの美術学校で絵を学び、後にUCLAの大学院でデザイン・メディアアートの修士号を取得した。彼女の作品は世界中で展示されている。彼女は自分が受けた伝統的な教育と、新しいメディアへの絶え間ない探求やデザインの工程を結び付けている。芸術家としての彼女の作品は、歴史的な図像学や神話に強く関心が示されているように、私達が生きている時代をどう感じているかを強調しながらあいまいさと矛盾のベールをはいでゆくやり方で、奇怪なものという観念をしばしば取り上げている。彼女はインスタレーション、パフォーマンス、相互作用芸術に取り組む一方、子供向けの本のイラストを描いたり、グラフィックデザイナーやテキスタイルデザイナーとしても活躍している。彼女は今現在作家アリソン・ウォカーと共同制作である「The Many Voices of Saint Caterina of Pedemonte」という相互作用のできるCD-ROMを手がけている。

( 2003 )

贈賞理由

原始性とセクシュアリティの根本的な関係性を考えたジェンダー色の強いインスタレーションである。この対話型のビーナス生成装置は、コンピュータに接続された空気圧縮のメカニズムを駆使した女性の胸の形をしたインターフェイスに触れることによって、空間には動物からサンプリングされたような奇妙な音が流れ、従来美しいはずの女性の体毛の成長映像が変容していく。観客は美と醜のパラドックスに関わることになる。

部門トップに戻る