今年度のフェスティバルへ

エンターテインメント部門

部門トップに戻る

奨励賞

アトモス~セルフパッケージングムービー~

atMOS Project

アトラクション [日本]

© atMOS Project

プロフィール

小田部 巧

KOTABE Takumi

日本

atMOS Project代表。
2002年慶応義塾大学大学院稲蔭正彦研究室(imgl)内でロケーション・ベースド・エンターテインメントを研究するグループとして発足。代表は同大学大学院政策・メディア研究科修士2年の小田部巧(SystemDirection)。主メンバーは、同プロジェクト修士2年の徳久悟(InterfaceDesign/VisualEffect)、同大学卒業の勝呂冠宇(SoundProgramming)。受賞作品は、2003年度のSIGGRAPHEmergingTechnologiesにも採択された。各メンバーは、それぞれ特化した映像制作、音楽制作、インスタレーション制作も行っている。

( 2003 )

贈賞理由

携帯電話でのコミュニケーションやクラブでのダンスは現代の多くの若者にとって日常的な行動となっている。手軽に行えるコミュニケーションや自己表現が支持されている理由だろう。この作品はこれらを高度に融合させた作品である。ダンスによる参加型アトラクションで、しかもそこで作られたムービーを携帯電話で送って楽しむことが出来る。パーソナルな自己表現とそれをもとにしたコミュニケーションの組み合わせは、それぞれの特性を越えて今までにないエンターテインメントの可能性を感じさせた。

部門トップに戻る