今年度のフェスティバルへ

開催内容

受賞作品展

会期:

2005年2月25日(金)~3月6日(日)

会場:

東京都写真美術館(恵比寿ガーデンプレイス内)

入場無料


贈呈式

日程:

2005年2月24日(木)

会場:

ウェステインホテル東京(恵比寿ガーデンプレイス内)


募集期間:

2004年8月2日〜10月20日


主催:文化庁メディア芸術祭実行委員会
[文化庁・CG-ARTS協会]

文化庁メディア芸術祭実行委員会

会長:

河合 隼雄(文化庁長官)

運営委員:

永田 圭司(CG-ARTS協会理事長)
浜野 保樹(東京大学大学院教授)

審査委員:

アート部門

主査:草原 真知子(早稲田大学教授)
浅葉 克己(アートディレクター)
土佐 信道(明和電機)
中谷 日出(NHK解説委員)
三上晴子(アーティスト/多摩美術大学助教授)

エンターテインメント部門

主査:中島 信也(CMディレクター)
石原 恒和(ゲームプロデューサー)
斎藤 由多加(ゲームデザイナー)
鈴木 裕(ゲームプロデューサー)
宮崎 光弘(アートディレクター)

アニメーション部門

主査:富野 由悠季(アニメーション監督)
神村 幸子(アニメーター)
寺井 弘典(映像クリエイター)
樋口真嗣(映画監督)
森卓也(映画評論家)

マンガ部門

主査:里中 満智子(マンガ家)
木村 忠夫(日本漫画学院学院長)
黒鉄 ヒロシ(マンガ家)
竹宮 惠子(マンガ家)
ちばてつや(マンガ家)

功労賞

総評

浜野 保樹

東京大学大学院教授

作品水準が向上し、ジャンルの多様化、国際化がますます進んだ
激論の連続だった。4部門ともすんなり決定したところはなかった。かなり激しい言葉も飛び交ってはいたが、それは、審査委員の真摯な態度のあらわれであった。
平成16年度の審査が、全部門でかくも難航したのは、やはりその数ゆえであった。応募総数は若干減ったものの、作品のみの評価で選出するというメディア芸術祭のあり方が、回を重ねるごとに周知されてきたようで、応募の際に作品が厳選され、近年、応募作品の質が目に見えて向上し、今年は特に粒ぞろいだったようだ。
コンピュータやディスプレイ、プリンタなどの機器の低廉化や機能の向上もあって、専門家とアマチュアで使う道具の差異がなくなりつつあることも、審査委員の方々は、口々に語っておられた。一方で、インターネットが普及から定着の時期にさしかかっている今、皮肉にも、いずれの部門でもウェブ作品は選出されなかった。
激論のもう一つの理由は、4部門の区分はあるものの、メディア芸術のジャンルが拡張し続け、同じ尺度で審査することの困難さにあった。しかしジャンルを無制限に増やすこともならず、変貌と拡大をとげる表現形式と審査委員は格闘され、委員同士で納得のいく評価軸を模索され、膨大な議論を経て、この結果にたどりついたことを、審査をすべて傍聴した者として報告しておきたい。メディア芸術祭は、各国のメディア芸術を知る上での貴重な機会となりつつあるが、韓国からの応募の増加が目立った。奇しくも2005年は日韓友情年であり、感動させ、楽しませ、考えさせるメディア芸術が両国の友情が深まる契機となることは、2004年のわが国での韓流ブームでも示されている。他国についても、韓国同様にメディア芸術祭が交流の場となる機運を感じる2004年の海外からの応募の増加であった。