今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

審査講評

【作品カテゴリ別講評】短編アニメーション

寺井 弘典

短編作品は応募数も伸び、刺激的な可能性をみせている。このフェスティバル自体がプロもアマチュアも同じ土俵で審査されるスタイルであり、その特徴を生かす選考を考えたい。それだけに審査は困難を極めたが、あえてプロのこなれた仕事よりは、まだ未開発でも、荒削りでも、これからの若く新しい感受性に期待を寄せることが審査会の総意となった。一見、プロ、アマの棲み分けができているかのようにみえるアニメーションの世界に刺激を与えたい。プロといわれているクリエイターほど保守的であり、自分のスタイルに閉じこもり挑戦を避けているかのようだ。プロこそが若手の規範になるようなトライアルをみせるべきであり、アニメーションの現場が自己保身の趣味的な逃げ場や欲望昇華を煽るビジネスの場であってはならない。この19作品はどれも挑戦を続けるクリエイターによる作品で、内容もバラエティに富んでいる。子どもに勇気を与える『ジャム・ザ・ハウスネイル』『ビップとバップ』。アニメーションに真正面から立ち向かう姿勢がみえる『或る旅人の日記赤い実』『Vaudeville』『ドロップ』『Birds』『CALM』『私の家』。『惑星大怪獣ネガドン』にも圧倒された。『診察室』や『愛の部屋』『あるひとつの方向性』の作者は可能性を感じる。そして優秀賞3作品と大賞も短編で、今年もこの部門に結集した新しい才能にぜひ注目してほしい。

プロフィール

寺井 弘典

TERAI Hironori

株式会社ピクス プロデューサー。国内外での受賞作品多数。

( 2013 )

部門トップに戻る