今年度のフェスティバルへ

マンガ部門

部門トップに戻る

優秀賞

PLUTO

作:手塚 治虫/浦沢 直樹
プロデュース:長崎 尚志
監修:手塚 眞
協力:手塚プロダクション

TEZUKA Osamu / URASAWA Naoki
Producer: NAGASAKI Takashi
Supervising editor: TEZUKA Makoto
Cooperation: Tezuka Production

ストーリーマンガ [日本]

© 浦沢直樹 / 手塚プロダクション / 長崎尚志 / 小学館

プロフィール

手塚 治虫

TEZUKA Osamu

( 2005 )

浦沢 直樹

URASAWA Naoki

日本

1960年、東京都生まれ。1983年『BETA!』でデビュー。主な作品に『パイナップルARMY』『YAWARA!』『MASTERキートン』『Happy!』『20世紀少年』などがある。『MONSTER』で第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。

( 2005 )

長崎 尚志

NAGASAKI Takashi

日本

1956年、宮城県生まれ。小学館ビッグコミックスピリッツ編集長を経てフリーに。『PLUTO』『20世紀少年』をプロデュース、また原作者として『イリヤッド~入り矢堂見聞録~』や『青侠』などを手がける。

( 2005 )

手塚 眞

TEZKA Makoto

日本

1961年、東京生まれ。ヴィジュアリスト。

( 2014 )

贈賞理由

『鉄腕アトム』はそれまでのマンガの地平を切り拓いた名作だ。凡人はアトムの存在を心の支えとして生きるのが精一杯だが、天才・浦沢直樹はここにマンガの可能性の地平のみならず、多重構造の宇宙へとその視野を広げた。絶句、脱帽、感動、期待、そして感謝。浦沢直樹氏はいつもファンにうれしい驚きを与えてくれる。この作品の発想そのものに感動し、作品づくりにかかわったすべての人の努力と情熱に感謝する。完結をみてから大賞を…との意見もあったことを記しておきたい。

部門トップに戻る