今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

審査講評

高速でリードし、未来に継がれるアート部門

主査 浅葉 克己

アートディレクター

文化庁メディア芸術祭は、アート部門が高速でリードしていかねば、未来は見えてこないと強く感じた。10回目を迎えて、世界中から注目される芸術祭に発展したことは喜ばしい。企画し、発展し、停滞するという世の慣わしに従ってはいけない。大賞は『Imaginary・Numbers 2006』。ミラノサローネで上映された、ディスプレイ映像だ。質の高い、繊細な線の宇宙が無限に動く画面は、世界中の人たちに感動を与えたと聞いた。優秀賞の『front』、パンチを受けた女性の顔が痛みとともに迫ってくる。インタラクティブアートの優秀賞『OLE Coordinate System』はエッシャーのイメージをうまく取り入れた秀作。インスタレーション、インタラクティブアート、静止画それぞれのジャンルから上位賞が出たことで、未来に継がれることが確認できた。

プロフィール

浅葉 克己

ASABA Katsumi

アートディレクター

1940年生まれ。株式会社ライトパブリシティを経て、1975年株式会社浅葉克己デザイン室を設立。サントリー、西武百貨店、ミサワホームなど、数々の広告を手がける。日宣美特選、日本宣伝賞、紫綬褒章、東京ADC賞グランプリなど受賞多数。東京ADC委員、東京TDC会長、JAGDA理事。中国に伝わる、生きている象形文字「トンパ文字」に造詣が深い。卓球六段。AGI(国際グラフィック連盟)日本デザイン総会実行委員長。

( 2006 )

部門トップに戻る