今年度のフェスティバルへ

辻 真先

アニメ脚本家/ミステリ作家

辻真先さんはテレビアニメの黎明期から、ものすごい量の脚本を書いてこられた。SF、スポーツ、ファンタジー、ホームドラマ、ギャグ、スリラー……彼の才能に死角はない。とにかく引き受けたら何でも書いてしまう……と、まあそんな感じがするほど、その量たるや半端なものではない、ゆうに1,500本を超えているという。とにかく書くスピードが早いらしい。このスピードがテレビアニメ界のストーリー部分を支えてきたことに多言を要しないだろう。しかも辻さんの興味はテレビアニメを越え、推理小説を書き、鉄道を愛し、温泉宿を訪ね、そして座談の名手……アニメのことを話しはじめると留まることがない。本当に本当にアニメが好きな人である。

プロフィール

辻 真先

TSUJI Masaki

日本

1932年名古屋生まれ。テレビ創生期にNHKに入局『バス通り裏』『お笑い三人組』『ふしぎな少年』などの制作演出に携わる。アニメは黎明期より、虫プロ・東京ムービー・東映動画・エイケンなど各社の脚本を書いた。アニメグランプリ脚本賞五度受賞。1982年日本推理作家協会賞受賞後はミステリを書く機会がふえたが、アニメとマンガについても関心を抱きつづけ、中日マンガ大賞選考を19年、ジャンプ赤塚賞選考を10年続けた。長谷川伸賞および東京国際アニメフェア功労賞受賞。

( 2007 )

開催情報ページへ