今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

審査講評

【作品カテゴリ別講評】短編アニメーション

野村 辰寿

アニメーション作家

国内外から、プロ、アマチュア(商業作品~自主制作)の垣根なく、2D、立体、3DCGなど、ありとあらゆるジャンルの短編アニメーション作品295本もの応募が寄せられた。応募数は、制作環境の普及に伴い年々増えている。その上クオリティもあがっている気がする。295本から苦渋の選択をさせてもらった21本の作品は、それぞれの「創意」において突出したものばかりである。非情にも狭き門ゆえ、短編からの入賞は2本となったが、『放課後MIDNIGHT』『蒲公英の姉』『放課後、エメラルド』『雲の人 雨の人』『THE CLOCKWORK CITY』は、入賞作品の決定ぎりぎりまで審査を熱くさせてくれた作品であったことを記しておきたい。

プロフィール

野村 辰寿

NOMURA Tatsutoshi

アニメーション作家

三重県出身。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業、株式会社ロボットに入社。CMディレクターとして活動後、フジテレビ『ストレイシープ』をきっかけに、『ジャム・ザ・ハウスネイル』『ネコのさくせん』、TVアニメシリーズ『ななみちゃん』、ネットアニメーション『Moon Boon』など、さまざまなアニメーション作品を手がける。現在、同社アニメーションスタジオ CAGEに所属。オリジナル作品や、CM、TV番組、Web、絵本、イラストレーションなど幅広く活動中。

( 2009 )

部門トップに戻る