今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

優秀賞

うっかりペネロペ

高木 淳(監督)

TAKAGI Jun (Director)

テレビアニメーション [日本]

手描きの温かみのある絵によって、子どもの日常を優しい眼差しで綴ったフランスの絵本のシリーズが原作。3DCG技術を使い、背景もキャラクターも手描きタッチで絵本の世界そのまま再現された1話5分のショートストーリー。コアラの女の子・ペネロペの、好奇心に溢れた楽しい毎日を綴っている。

© うっかりペネロペ製作委員会

プロフィール

高木 淳

TAKAGI Jun

日本

1963年生まれ、東京都出身。日本大学芸術学部映画学科で演出を専攻。卒業後、日本アニメーションに入社。世界名作劇場の制作に携わる。現在は『ちびまる子ちゃん』監督、『うっかりペネロペ』新シリーズの準備中。

( 2007 )

贈賞理由

手描きの絵具が温かみのある味を出している絵によって子どもの日常を優しいまなざしでつづったフランスの絵本のシリーズが原作である。お母さんが子どもに絵本を読み聞かせしているかのようなゆったりした時間のなかで、小さなコアラの女の子ペネロペの物語が展開していく。3DCG技術を使い、背景もキャラクターも手描きタッチで完璧に絵本の世界そのままが再現され、動きを与えられていることに驚かされる。最先端のアニメーション表現といえるだろう。硬質で冷たい表現に陥りがちな3DCGだが、この難題に真正面から取り組み、成功させたスタッフの力量は特筆に価する。幼児向けの作品としてさりげなく見せているのがとても贅沢だ。

部門トップに戻る