今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

奨励賞

ウシニチ

一瀬 皓コ

ICHINOSE Hiroco

短編アニメーション [日本]

ウシの長閑な一日を描いた学生の制作による短編アニメーション。シンプルな線画のアニメーションで描かれた不可思議でかわいらしい登場人物(動物)たちの小さなエピソードが楽しい。鉛筆書きに消しゴムをかけたようなタッチが独特な風合いを感じさせる。

© Ichinose Hiroco

プロフィール

一瀬 皓コ

ICHINOSE Hiroco

日本

1985年2月生まれ。山梨県出身。東京工芸大学芸術学部アニメーション学科卒業。同大学の大学院に在籍。古川タク先生のもとで短編アニメーションを制作中。

( 2007 )

贈賞理由

それこそ牛の反芻のように、何度見ても味わいのある作品だ。紙の上にシンプルに描かれた線画のアニメーションで描かれるのは不可思議でかわいらしい登場人物(動物)たちの小さなエピソード。文字通りの大団円となるエンディングまでに随所にしかけが用意されている構成が楽しい。お気楽でゆったりとした時間のなかでハッピーな気分にさせてくれるが、少しだけ毒が盛られているような、魅力のある作品。絵柄も独特な間合いや動きのタイミングもこの作者独特のセンスが光っている。構成力や作画などの総合的な表現力においてこれからの可能性を秘めている。次の展開に期待したい。

部門トップに戻る