今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

奨励賞

Super Smile

Effie WU

映像 [ドイツ]

作者自身がカメラに笑顔を向けたまま、自身の部屋を案内する。鑑賞者は、全編を通して笑顔のままで、まばたきもしない作者と向き合うこととなり、映像から目が離せなくなる。カメラと対象者の関係性を問う映像作品。

© Effie Wu

プロフィール

Effie WU

台湾台北市生まれ。ベルリン在住。国立台湾芸術大学でパフォーマンス・アートを学ぶ。ピピロッティ・リストの下で活動。2007年、ベルリン芸術大学での実験的メディア・アートの勉強を修了。作品は多くの国で上映され、国際的な賞を受賞している。

( 2007 )

贈賞理由

画面に目が釘づけになった。5分間近く一瞬たりともまばたきをせず我々を見つめる彼女の微笑には魂が奪われたように立ちすくむしかない。
鍛え抜かれたパフォーマンス? あるいはデジタル合成技術か?
しかしながらそんなことを議論するよりも、この作品が内包している多くのテーマに注目したい。この映像は作者自らが演じているのだが、見るものを不安にさせる奇妙な空気がつくられている。それは彼女がヨーロッパでのアジア人に対する眼差し、女性であること、コミュニケーションの問題、等を確信的に表現の武器として観客にナイフのように突きつけているからである。深い思慮をうながす怪作といえる。

部門トップに戻る