今年度のフェスティバルへ

マンガ部門

部門トップに戻る

優秀賞

プライド

一条 ゆかり

ICHIJO Yukari

ストーリーマンガ [日本]

裕福な家庭に育ち、高名なオペラ歌手が母という麻見史緒。だが父親の会社倒産をきっかけに、オペラ歌手の道を断たれる。史緒を陥れ、オペラコンクールで優勝した緑川萌。ふたりの「プライド」をかけた戦いを描く。

© 一条ゆかり / 集英社

プロフィール

一条 ゆかり

ICHIJO Yukari

日本

1949年生まれ、岡山県出身。1968年『雪のセレナーデ』が第1回りぼん新人漫画賞準入選、デビュー。以後『デザイナー』『砂の城』『有閑倶楽部』などヒット作多数。現在『プライド』を月刊「コーラス」(集英社)で連載中。

( 2007 )

贈賞理由

気品のある絵、ドラマチックなストーリー。誰が見ても一条ゆかりは、女性マンガのクィーンである。連載が始まったとき、プライドというタイトルに驚いた。プライドとは、誇り、自負、自尊心とある。こんな困難な主題を、どう取り組んでいくのか興味があった。ところが、主人公史緒が振りかかってくるプレッシャーにくずれそうになりながらも、しっかりと向きあって、高貴なプライドをたもちながら、人間として、声楽家として成長していく過程がすばらしい。この作品に対する作家の並々ならぬ、情熱を強く感じる。オペラの舞台は世界中に飛ぶ。サウスポーの彼女は、ケンショウ炎に耐えながら、決して手を抜くことはしない。アメリカへ、ドイツへ、イタリアへと取材にも駆け廻っている。彼女のマンガ家としてのプライドをかけて!!! 優雅で無駄のない表現方法は一頁めくるのが惜しいほど感動させられる。

部門トップに戻る