今年度のフェスティバルへ

マンガ部門

部門トップに戻る

奨励賞

天顕祭

白井 弓子

SHIRAI Yumiko

自主制作 [日本]

ある時代を舞台に、足場鳶の若頭と少女の交流を描いた自主制作作品。若頭・真中は天涯孤独の少女「木島咲」を雇う。仕事を身につけた彼女に、その後変化が起きる。祭に秘められた真実とは、そしてふたりの運命は?

© 白井 弓子

プロフィール

白井 弓子

SHIRAI Yumiko

日本

1967年、愛媛県生まれ。京都市立芸術大学美術学部油画専攻卒業。『月刊アクション』(双葉社)2014年2月号(2013年12月25日発売)─2015年4月号(2015年2月25日発売)

( 2015 )

贈賞理由

ある時、この国を襲った「汚い戦争」によって国土のあちこちにばらまかれ、残された「フカシ」という毒素を若竹に吸収し浄化させようとする地域の物語。その土地には昔から伝わる祭りの主役「クシナダヒメ」(大蛇「ヤマタノオロチ」に見初められた)に選ばれた犠牲の少女と、それを阻もうとする鳶の若頭の淡く激しい恋物語は、一昔前の、モノクロの名作映画を観ている雰囲気で久しぶりに胸がときめいたものだ。組んだ竹の隙間から、あるいは地の底から大蛇が少しずつ姿を現してくる演出や、登場人物それぞれのキャラクター表現、斬新な構図、静かな眼の演技などに作者の鋭い才能を感じるし、まずはもって自費出版という地味な世界からの挑戦と知って、同じ環境で頑張っている若者達を励ましたい意味もある。

部門トップに戻る