今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

優秀賞

Moment - performatives spazieren

田口 行弘

TAGUCHI Yukihiro

映像作品 [日本]

ギャラリーの床板がはがされ、壁に整然と立てかけられる。やがてその床板は、窓からベルリンの町に跳びだしていく。床板は並べられたり、這うように進んだり、都市の場所にあわせさまざまに組みあわされ形を変えていく。床板を組みかえながら約2,500枚の画像を撮影し、アニメーションに仕立てた作品。

© Yukihiro Taguchi

プロフィール

田口 行弘

TAGUCHI Yukihiro

日本

1980年大阪生まれ。東京藝術大学美術学部絵画科卒業。2005年よりベルリン在住。現在、身体性を強調したパフォーマティブ・インスタレーション、ストップモーションによる映像作品を、おもにドイツの多数の展覧会で発表。大阪芸術大学主催「国際アートトリエンナーレ2007」で大賞を受賞。

( 2008 )

贈賞理由

ギャラリーの床に敷きつめられた板が、あるときはまるで生き物のようにコミカルに、またあるときは街を構成する建築物のように、変化し動きつづけていく不思議なようすを描いたストップモーション・アニメーション作品。デジタルスチールカメラによって撮影された数千枚の画像と、肉体的な努力によって描かれた情景は、観客を飽きさせずにラストまで導いてくれる。卓上だけの狭い世界で完結することが多い、ストップモーション・アニメーションを、都市空間のなかで展開した発想と大胆さがすばらしい。この作品の根底には、最近のデジタルスチールカメラのアナログカメラにも引けをとらない表現力と、デジタルならではの簡易さ、そして、集積された画像を簡単に動画展開することを可能にした、各種ソフトの進化があげられるだろう。映像だからビデオカメラを使うという一般認識はもう通用しない。この作品は、新しいテクノロジーが創りだす価値を十二分に活かした秀作だ。

部門トップに戻る