今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

優秀賞

OUTSIDE

Alexander MENDELEVICH

静止画 [イスラエル]

一見したところ、生活のなかの一情景を切り取った写真にみえる。独特の空気感を帯びた繊細な画像である。しかし人物に注目すると、猫背だったり不自然な姿勢をとったりしていて、何か心理的な緊張感が伝わってくる。そうすると地味にうつるこの情景が、何かひどく非日常的なものに見えてくるのである。

© ALEXANDER MENDELEVICH

プロフィール

Alexander MENDELEVICH

ロシア

1979年、ロシア、北コーカサス地方のピャチゴルスク生まれ。高校を卒業して経営経済学校で3年間学んだ後、2000年、イスラエルに移り住む。2002年から2004年まで兵役についた後、2004年から2008年、エルサレムのベザレル芸術デザイン専門学校の写真学部で学び、美術の学位を修める。エルサレムとモスクワでの展覧会に参加。

( 2008 )

贈賞理由

この作品は、もともとふたつのシリーズに分けて応募されていたものを、審査委員側でひとつにまとめて審査することにした。それは、ふたつとも、あまりにもすばらしい作品だったからにほかならない。一見何でもないシチュエーションのなかの人物は、まるで蝋人形のように不思議な表情を見せ、体温を感じない。そして独特の空気感のなかに居る。それが日常のなかにあることも、とても重要なところだ。特別に大きなことではなく、当たり前の日常が少し変わるだけで、ものすごく異様な空気に変容してしまう。ごくごく日常に潜んでいる、とても異常でシュールな瞬間を捉えているような、不思議な魅力を持った作品である。人物の選択や演出、部屋のセッティング、衣装、照明などのディレクション力も秀逸だ。作品をシリーズ化しているところも、とても効果的になっている。

部門トップに戻る