今年度のフェスティバルへ

エンターテインメント部門

部門トップに戻る

審査講評

主査 田中 秀幸

アートディレクター

この部門では、異なるメディアをプラットホームとする作品をひと括りに審査してきた。始めはどうやって審査をしていくのか正直なところ戸惑った。しかしいざ審査をしてみると、ごった煮状態の審査が反対に既存のジャンルのなかの理論だけで評価するのでは見えてこなかった評価の方向を見せてくれたように感じている。
技術の進歩によって、かつてないほどの変化があらゆるエンターテインメント作品に起こっている時代のなかで、制作者は"新たな作品と人との関係"という新しい課題を与えられているように感じられる。今回大賞に選ばれた『TENORI-ON』はその作品としてのすばらしさや楽しさは当然のことながら、プロジェクト自体が象徴的で革新的であり、また、このプロダクトを使って新たな作品が生まれる可能性までもが作品のなかに含まれている。ほかの受賞作品も同じように表現のおもしろさにとどまらない何かを持っているものばかりとなったのは偶然ではないと思う。

プロフィール

田中 秀幸

TANAKA Hideyuki

アートディレクター

1962年静岡県生まれ。1984年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。株式会社フレイムグラフィックス代表。キャラクターやグラフィックデザインに加え、PV・CMのディレクションなど、映像制作を幅広く手がけている。おもな作品は、『GIANT BRA』ラフォーレ原宿CM(2001ADC制作者賞)、『OH!スーパーミルクチャン』アニメ、『The Rising Suns』石野卓球PV、『JR-SKIキャンペーン』JAPAN SNOW PROJECT TVCM(2005ADC賞)、『企業CM』SoftBank TVCM(2007ADCグランプリ)、2005ACCベストアートディレクション賞 受賞など、多数。

( 2008 )

部門トップに戻る