今年度のフェスティバルへ

エンターテインメント部門

部門トップに戻る

審査講評

【作品カテゴリ別講評】ゲーム・遊具・キャラクター・その他

水口 哲也

今年の傾向は、ズバリ"身体性"。映像や音による表現美というよりも、触る、動かす、魅せる、というような作品が審査員たちの注目を集めた。これも時代の移ろいなのか、人間の本能や欲求の揺り返しなのか。電脳的になっていくメディアや表現が多いなかで、またさらに、次の時代の予感を楽しみにさせてくれそうな、そんな作品に恵まれたのではないかと思う。ゲーム部門の受賞が多かった昨年に比べて、今年は他のジャンルの存在感が増した。エンターテインメント部門の大賞を受賞した『TENORI-ON』がこの部門から選出されたことにも大きな意味がある。今後の文化庁メディア芸術祭の未来を考えると、何かの予兆を感じさせるおもしろい年となった。

プロフィール

水口 哲也

MIZUGUCHI Tetsuya

クリエイター、ゲームデザイナー。

( 2017 )

部門トップに戻る