今年度のフェスティバルへ

エンターテインメント部門

部門トップに戻る

大賞

TENORI-ON

岩井 俊雄/『TENORI-ON』開発チーム(代表:西堀 佑)

IWAI Toshio / "TENORI-ON" Development Team (NISHIBORI Yu, Representative)

電子楽器 [日本]

ゲーム機のようなインターフェースで音と光を遊ぶ、新しい楽器とでもいうべきデバイス。縦横16個ずつ、256個並んだLEDはスイッチにもなっており、光のパターンを映しだすとともに、サウンドを視覚的に操れるようになっている。企業とともに共同開発し、製品として結実させた成果がインパクトをもって受けとめられた。

© IWAI Toshio / Yamaha Corporation

プロフィール

岩井 俊雄

IWAI Toshio

日本

メディアアーティスト。1962年生まれ、愛知県出身。筑波大学大学院芸術研究科総合造形修了。1985年に第17回現代日本美術展金賞を最年少で授賞。1997年アルス・エレクトロニカでグランプリを受賞した坂本龍一とのパフォーマンスや、ニンテンドーDS『エレクトロプランクトン』など、光と音と身体の融合をテーマに多くの作品を発表。

( 2008 )

西堀 佑

NISHIBORI Yu

日本

1978年生まれ。慶応義塾大学環境情報学部卒業後、ヤマハに入社。同社のR&D部門である、サウンドテクノロジー開発センターに配属。ヤマハ側のプロデューサーとして、2001年より『TENORI-ON』の企画、開発に携わる。現在、同開発センターにて、新しい音楽インタフェースの研究に取り組む。

( 2008 )

贈賞理由

音楽制作においては、電気的に合成した音(シンセサイザー)や、原音を録音したもの(サンプラー)が日常的に使われるようになり、“音源”のあり方は、ここ40 年ほどで、革命的ともいえる変化が起こった。しかし、その音源をコントロールするインターフェースは、いまだに、中世以来の鍵盤や、伝統的な打楽器を模したパッドが主流である。大賞の理由は、必然性を持つ革新であること。そして何よりも、ヒトと機械との接面ともいえるインターフェース部分を、ハードウェアとして、商品化まで実現したことである。音楽の知識無しでも、気軽に遊べる装置であることは確かだが、その可能性は未知数である。初めて手にしたプレイヤーたちに、これほどまで新たなチャレンジ意欲を抱かせる楽器(音楽インターフェース)を、ほかに知らない。

部門トップに戻る