今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

審査講評

樋口 真嗣

映画監督

今年の長編やTVシリーズを中心とする商業ベースの作品は、原作ものではなくオリジナルの企画が多く印象に残った。 既存のコミックや小説の商業的成功に依存せずにゼロから物語、企画を立ち上げ、商品として観客に提供するために必要な体力、胆力のボリュームは同じつくり手として素直に敬意を表さざるを得ない。とりわけ、現代へのテーゼを含む次代に向けたTVシリーズとして始まり、来年公開の2本の映画で完結する 『東のエデン』の圧倒的な物量でありながら見事に制御された情報の可能性に期待したい。 その一方で今回入賞した作品を凌駕する可能性のある作品が応募されていない残念な現実も忘れてはならない。自薦が原則なので仕方ないが、今まで完結していない物語に対して評価を保留してきた結果なのだろうか。 企画そのものが大型化する風潮の中、1年ごとのタームのどの段階でどう判断するのか、評価する側も試される時がきたのかもしれないのだ。

プロフィール

樋口 真嗣

HIGUCHI Shinji

映画監督

1965年東京都生まれ。高校卒業後、自主制作映画団体DAICON-FILM(後のGAINAX)に参加。95年『ガメラ 大怪獣空中決戦』の特技監督を務め、日本アカデミー賞特別賞などを受賞。96年TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズに絵コンテ、脚本で参加。『ドラゴンヘッド』『CASSHERN』『NIN×NIN忍者ハットリくん The Movie』など、あらゆるジャンルで活躍する。05年初の長編監督作品『ローレライ』公開。06年『日本沈没』、08年『隠し砦の三悪人』公開。10年総監督を務める『MM9(モンスターマグニチュード9)』放送。

( 2011 )

部門トップに戻る