今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

Face visualizer, instrument, and copy

真鍋 大度

MANABE Daito

パフォーマンス [日本]

筋電位センサー、電気刺激装置、ソフトウェアを用いて、顔の表情を他人にコピーできるのかチャレンジし、その過程と結果をドキュメント映像およびパフォーマンスとして発表したものである。制作の過程では、表情から楽曲を生成したり、楽曲から表情を生成するなど、顔を入力 / 出力装置として扱い、数多くの実験を行った。

©真鍋 大度

プロフィール

真鍋 大度

MANABE Daito

日本

1976年、東京都生まれ。メディアアーティスト、アーティスト、インタラクションデザイナー、ソフトウェアエンジニア、DJ、作曲家。ライゾマティクスリサーチ代表。

( 2017 )

部門トップに戻る