今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

「空間生態」2009となみ

加賀谷 武

KAGAYA Takeshi

静止画 [日本]

空間は生き物である。空間は個性的でそれぞれ独自の生態を主張している。この作品は、富山県砺波市美術館を中心に1本のロープで結びつなぐことによって、今まで意識しなかった空間視野の変容を意図した。過去には、イタリア・サンセビリーノマルケ、鎌倉、ベルリン、小矢部、千葉など自然や歴史、文化の異なる地で制作した。

©加賀谷武

プロフィール

加賀谷 武

KAGAYA Takeshi

日本

( 2008 )

部門トップに戻る