今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

Urbanized Typeface : Shibuya08-09

山口 崇洋

YAMAGUCHI Takahiro

インタラクティブアート [日本]

この作品は渋谷全域を移動した軌跡によってデザインされるフォント『Shibuya 08 - 09』およびその制作過程をアーカイブした映像インスタレーションである。移動中に記録した様々なデータを映像インスタレーションとして空間に再構成することで、鑑賞者はそのプロセスをリアルに追体験することができる。

©山口 崇洋

プロフィール

山口 崇洋

YAMAGUCHI Takahiro

日本

1984年生まれ。多摩美術大学大学院デザイン専攻情報デザイン領域修了。身体性の伴った文字表現や、公共性などを主なキーワードに研究・制作活動を行う。

( 2011 )

部門トップに戻る