今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

Pa++ern

石橋 素/真鍋 大度

ISHIBASHI Motoi / MANABE Daito

インタラクティブアート [日本]

規則的に配置された多数のヒーターから発生する煙の流れが、緩やかに幾何学的な模様を形成する。この幾何学的な流れのパターンは、装置内の熱エネルギーバランスの変化に従って刻々と姿を変えていく。「かたち」「流れ」「エネルギー」の結びつきを極めて顕著に見取ることのできる現象の体験をデザインした。

©石橋素+真鍋大度

プロフィール

石橋 素

ISHIBASHI Motoi

日本

エンジニア、アーティスト。ライゾマティクスリサーチ代表。デバイス、ハードウェア制作を主軸に活動。

( 2017 )

真鍋 大度

MANABE Daito

日本

1976年、東京都生まれ。メディアアーティスト、アーティスト、インタラクションデザイナー、ソフトウェアエンジニア、DJ、作曲家。ライゾマティクスリサーチ代表。

( 2017 )

部門トップに戻る