今年度のフェスティバルへ

エンターテインメント部門

部門トップに戻る

優秀賞

LOVE DISTANCE

伊藤 直樹

ITO Naoki

ウェブ [日本]

遠距離恋愛中の男女を公募し東京ー福岡間1000km、1カ月間のマラソンに挑戦してもらうようすをWebを通じてリアルタイムに伝えるドキュメンタリー広告。男女がゴールした直後に、走るようすからつくられたCFが公開され、そこでクライアントと商品名が明かされるブラインド・ブランデッド・エンターテイメントとして展開。

© Sagami Rubber Industries Co., Ltd.

プロフィール

伊藤 直樹

ITO Naoki

日本

1971年生まれ。静岡県出身。メディアにとらわれないキャンペーン戦略、TVCM、コピー、アートディレクション、インタラクティブ、PRなど、その活動領域を広げている。2009年のカンヌ国際広告祭では、相模ゴム工業の『LOVE DISTANCE』で、日本として13年ぶりにTVCM部門で金賞を獲得。

( 2009 )

贈賞理由

これは遠距離恋愛中のカップルをオーディションし、互いに愛のために旅をする男女の姿を1カ月間リアルタイムにWebでドキュメントする構造をもつ。これが実はコンドーム会社のキャンペーンであるとは最初はわからない(もちろんCMと連動しているので、オーディエンスはすぐに知ることになるのだが)。一見「やらせ」くさく、その実社会的なドキュメントでもある。ふたりの「距離」が縮まっていく姿は、TV番組のようにも思われる。審査中に誰かが 「こんな大げさになったら、別れにくいよ」と言った。私も最初そう思ったが、今の恋愛は、すべてどこかドラマっぽく、TVっぽく、「メディアが育てたリアリティ」なしには、もはや成立しないのではないか。その意味で、本作は、実に「今」を捉えた優れた作品であると思われる。本作の青い感じが、うそくささを超えて、ぐっときた。

部門トップに戻る