今年度のフェスティバルへ

エンターテインメント部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

Wacoal LALAN 09 spring back throw

児玉 裕一/森本 千絵(こだま goen゜)

KODAMA Yuichi / MORIMOTO Chie (Kodama goen゜)

CM [日本]

「ワコール着けた。愛でも恋でもなんでもコイ」 というテーマで、女性の持つ本来の強さと美しさを勢いよく、前向きに、たくましく表現。

©株式会社ワコール/株式会社ドラゴン東京/株式会社otoco(音楽著作)

プロフィール

児玉 裕一

KODAMA Yuichi

日本

1975年生まれ。東北大学理学部化学系卒業。大学在学時より仙台にて映像制作の活動を開始。卒業後、広告代理店勤務を経て独立。以後CM、MV などの演出を手掛ける。06年よりCAVIAR所属。賞歴として、カンヌ国際映画祭、CLIO Awards、One Show Interactiveなど。

( 2010 )

森本 千絵

MORIMOTO Chie

日本

コミュニケーションディレクター、アートディレクター。武蔵野美術大学客員教授。1999年武蔵野美術大学卒業後、博報堂入社。2006年史上最年少でADC会員となる。07年「出逢いを発明する。夢をカタチにし、人をつなげていく。」をモットーに株式会社goen°を設立。 NHK大河ドラマ『江』、 朝の連続テレビ小説『てっぱん』のタイトルワーク、『半分、青い。』のポスターデザインをはじめ、Canon、KIRIの企業広告や松任谷由実、Mr.Childrenのアートワーク、映画や舞台の美術、動物園や保育園の空間ディレクションなど活動は多岐に渡る。二子玉川ライズクリスマス2018「Merry Tick Tock」プロデュース、キネコ国際映画祭アーティスティック・ディレクター兼、審査委員長を務める。

( 2010 )

部門トップに戻る