今年度のフェスティバルへ

マンガ部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

新・自虐の詩 -ロボット小雪-

業田 良家

GOUDA Yoshiie

ストーリーマンガ [日本]

拓郎が所有する恋人ロボット「小雪」は料理もできないドジばかりする旧型ロボット。しかし、拓郎と暮らしていくうちに、人間の感情が芽生えていく。拓郎の親友一家が破産し「向こう岸の町」へ。そこは格差社会が極まった地獄のような場所だった。その悲惨な暮らしぶりを知り、感情を持った小雪は一家を救うために潜入する。

©業田良家/竹書房

プロフィール

業田 良家

GOUDA Yoshiie

日本

1958年、福岡県生まれ。1983年デビュー。代表作『自虐の詩』『空気人形』など。2013年に『機械仕掛けの愛』で「第17回手塚治虫文化賞 短編賞」を受賞。

( 2015 )

部門トップに戻る