今年度のフェスティバルへ

エンターテインメント部門

部門トップに戻る

優秀賞

amazarashi「夏を待っていました」

YKBX

ミュージックビデオ [日本]

青森県在住の秋田ひろむを中心としたバンド、amazarashi。そのシンボルとなっているテルテル坊主のキャラクターが、電柱に囲まれた沈んだ色彩の町を往く。テルテル坊主の顔は楽曲の旋律と同調して、タコ足、テレビ、アンテナ、スピーカーなどに変容する。ペン描きのような強弱のある線と3Dによる画面効果とがなじみ、不穏な雰囲気をつくりだす。
(5分54秒)

© Sony Music Associated Records Inc.

プロフィール

YKBX

日本

1979年生まれ。大阪芸術大学映像学科卒業。各種映像作品のディレクションや制作に加え、イラストレーションやグラフィックデザインなどを手掛ける。トータルアートディレクションを目指した作品を数々制作し、国内外の映画祭やイベントで高く評価される。

( 2010 )

贈賞理由

パーソナルな囁きが、ユニバーサルな声を獲得
アニメーション手法で制作されたMVの中でも、最も謎を含んだ作品である。歌詞の文字がリンクする以外はほぼ歌詞内容と映像は意味的にリンクしていない。だが魅力に引かれて数回見るうちに、次第にこの作品の中心にいる宙づりのキャラクターが、amazarashiというアーティストのシンボルなのが分かってくる。まさにこのキャラクターがamazarashi=雨ざらしなのだろう。
切れ味のいい描画線タッチが自由自在にアニメーションするのも脅威なのだが、2Dアニメと3DCGとを 分け隔てなくマッチングさせているのも驚きだ。謎のキャラクターの変貌だけで最後まで見せきる演出力は、群を抜いている。
パーソナルでマイナーな囁きがメジャーに転化してユニバーサルに広がっていくポップミュージックの醍醐味を、このチームがこれから実現していく潜在能力を十分感じるのである。

部門トップに戻る