今年度のフェスティバルへ

エンターテインメント部門

部門トップに戻る

奨励賞

iPad magic

内田 伸哉

UCHIDA Shinya

その他 [日本]

2010年5月28日。マルチタッチデバイス、iPadが国内で発売されたその日に、Webに発表されたパフォーマンス映像。銀座のアップルストアを背景に、男性が「コミュニケーションの過去と未来」を語りながら、iPadを使った手品を繰り広げる。メディアの歴史が変わろうとする節目に、タイミングや場所といった条件も生かしたプレゼンテーションが行われた。

© 内田 伸哉

プロフィール

内田 伸哉

UCHIDA Shinya

日本

1981年神奈川県生まれ。慶應義塾大学大学院で電子工学を専攻。00年よりマジシャン。07年より株式会社電通勤務。コピーライターとして活動する一方、マジシャンとしても新しい表現に取り組む。03年サーカスのプロデュース、06年慶應義塾大学特別講義「奇術心理学」講師など、幅広い活動を行う。

( 2010 )

贈賞理由

多くの人の興味を引き付けた秀逸な着眼点
iPadを使った街頭パフォーマンスの映像であるが、iPadの機能の説明や、自らが開発したアプリケーションの解説をするわけではなく、作品タイトルが示す通り、iPadを使ったマジックのパフォーマンスである。作品制作の背後には、デバイスへの習熟や知識の獲得といった苦労があるはずなのだが、いかにもマジックらしく、水面下の仕込みを微塵も感じさせずに軽快なテンポで見る者を楽しませてくれる。さらには、現在の科学力ではマジックでしかできないことが、将来的にはだれでも可能になるかも知れない、という期待すら、見る者に与えてくれる。
YouTubeにアップされ、かなりの閲覧回数を獲得しているが、それだけ多くの人が、この映像に興味を示したということであろう。マジックにiPadを使うという着眼点と、そのエンターテインメント性が評価された。

部門トップに戻る