今年度のフェスティバルへ

エンターテインメント部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

ニコダマ

クワクボ リョウタ

KUWAKUBO Ryota

遊具

身の回りのモノにいたずらして目玉を付けたら、顔に見えてきた経験は誰にもあるはず。『ニコダマ』は吸盤やフックで色々なところに取り付けることができ、2つ並べると一緒にパチパチとまばたきを始める。使い古したカバン日ごろ見慣れた電化製品、捨てようかと迷っていた家具などにくっつければ、愛らしいキャラクターに変身し、思わず感情移入してしまう。

©2010 クワクボリョウタ/パーフェクトロン

プロフィール

クワクボ リョウタ

KUWAKUBO Ryota

日本

1971年栃木県生まれ。98年に明和電機との共作『ビットマン』を発表して以来、エレクトロニクスを使用したメディアアート作品を国内外で発表。アナログとデジタル、人間と機械、情報の送り手と受け手など、さまざまな境界線上で生じる関係性を、制作のテーマにしている。これまでの代表作に『ビデオバルブ』『PLX』『シリフリン』など。文化庁メディア芸術祭では、『デジタルガジェット6,8,9』で第7回アート部門大賞を、また『10番目の感傷(点・線・面)』で第14回アート部門優秀賞を獲得している。『ニコダマ』は第14回エンターテインメント部門での審査委員会推薦作品に選出された。

( 2011 )

部門トップに戻る