今年度のフェスティバルへ

エンターテインメント部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

Pico / SJQ

土屋 貴史 (TAKCOM)

TSUCHIYA Takafumi (TAKCOM)

ミュージックビデオ

楽曲の音源の、微細なノイズに至るまで分解したトラック (パラ音源) を、3Dソフトウェア上で映像に変換し、アニメーションと組み合わせた幻惑的世界。3Dソフトウェアの中で、音のピースはオブジェクトやコンポジット用に当てはめられ、そこから得られるパラメーターと、アニメーションとによってリズムや音の配置、グループ感を表象させた。(5分40秒)

©土屋貴史、SJQ

プロフィール

土屋 貴史

TSUCHIYA Takafumi

( 2010 )

部門トップに戻る