今年度のフェスティバルへ

マンガ部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

星が原あおまんじゅうの森

岩岡 ヒサエ

IWAOKA Hisae

ストーリーマンガ [日本]

星が原には、風のよく通る大きな森があった。お化けの森として子供たちから恐れられているその森には1軒の家があり、種々のかわいらしい精霊たち、そして彼らと一緒にいる人間の少年・蒼一が、ひっそりと暮らしていた……。謎多き不思議な森で、それぞれ心に傷をもつ者たちが身を寄せ合う。喪失と再生、かなしみと優しさが行き交う、ヒューマンファンタジー。

©岩岡 ヒサエ/朝日新聞社

プロフィール

岩岡 ヒサエ

IWAOKA Hisae

日本

2002年、『ゆめの底』で講談社アフタヌーン四季賞佳作を受賞しデビュー。2005年から月刊「IKKI」にて『土星マンション』を連載開始。現在、朝日新聞出版「ネムキ」にて『星が原あおまんじゅうの森』連載中。代表作に第9回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品『しろいくも』、第10回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品『ゆめの底』など。

( 2011 )

部門トップに戻る