今年度のフェスティバルへ

マンガ部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

娚の一生

西 炯子

NISHI Keiko

ストーリーマンガ [日本]

大手電機会社に勤める30代の独身女性・堂薗つぐみは、亡き祖母の家で50代の大学教授・海江田醇と成り行きで同居することに。海江田は結婚を望むが、つぐみは彼の気持ちを素直に受け止められずにいた。微妙な関係の2人の前に、つぐみの元カレ・中川から思いがけないメールが届き、事態は急転回。さらに折からの大地震も加わり、2人の愛に試練が訪れる——。

©西 炯子/小学館

プロフィール

西 炯子

NISHI Keiko

日本

12月26日、鹿児島県生まれ。1988年に小学館プチフラワー3月号にて『待っているよ』でデビュ-。代表作に『STAY』シリーズ(2002~06)、『電波の男よ』(2007)、『娚の一生』(2008~12)、『姉の結婚』(2010~14)などがある。『娚の一生』は平成22年度[第14回]文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品となる。マンガ作品以外に小説の挿絵なども手掛ける。2006年、『STAY~ああ今年の夏も何もなかったわ~』が古田亘により実写映画化され、15年、『娚の一生』が廣木隆一により実写映画化される。現在、『月刊flowers』にて『初恋の世界』、『ビッグコミックオリジナル』にて『たーたん』などを連載中。

( 2010 )

部門トップに戻る