今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

ホリデイ

ひらの りょう

HIRANO Ryo

短編アニメーション [日本]

まるで襖絵に描かれたような立派な松の木が佇む中、山々を繋ぐロープウェイが賑やかに行き交うも、どこかひなびた空気の漂う行楽地。そこに登場するのは、耳に姿を変えてしまう女の子、黄色い姿の裸の男、人間のように歩くイモリたち。共に行動を開始する3人は湖のほとりに設けられた野外ステージで演奏を始める。日本の妖怪を彷彿とさせる不思議な世界の住人たちを、じっとりとした湿度に満ちる唯一無二の世界観で描き出している。
(14分16秒)

©ひらのりょう

プロフィール

ひらの りょう

HIRANO Ryo

日本

1988年埼玉県生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科卒業。産み出す作品はポップでディープでビザール。文化人類学やフォークロアからサブカルチャーまで、自らの貪欲な触覚の導くままにモチーフを定め作品化を続ける。その発表形態もアニメーション、イラスト、マンガ、紙芝居、VJ、音楽、と多岐に渡り周囲を混乱させるが、その視点は常に身近な生活に根ざしており、ロマンスや人外の者が好物。

( 2015 )

部門トップに戻る