今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

輪るピングドラム

幾原 邦彦

IKUHARA Kunihiko

テレビアニメーション [日本]

妹・陽毬(ひまり)の命を救うため、「ピングドラム」を探して奔走する冠葉(かんば)と晶馬(しょうま)の兄弟と、自身の運命を信じて日記に書かれた未来を実現し続ける荻野目苹果(りんご)。過去の回想と現在のシーンが入り組み、それぞれの思惑が複雑に絡み合う中、「運命の至る場所」へと導かれる。斬新なアートワークと散りばめられた伏線の数々、ペンギン帽に操られた陽毬が叫ぶ「生存戦略!」などのユーモラスな台詞が話題を呼んだ。
(23分、全24話)

©イクニチャウダー / ピングループ

部門トップに戻る