今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

  • photo: Yohei YAMAKAMI

新人賞

Watch Movie

SENSELESS DRAWING BOT

菅野 創 / 山口 崇洋

KANNO So / YAMAGUCHI Takahiro

インタラクティブアート [日本]

二重振り子のカオス性をもった動きを利用し、スプレーを用いて抽象的なラインを描画するドローイングマシン。電動スケートボードが左右に運動することによって、振り子の振れ幅を増幅させ、運動量がある閾値を超えると、瞬く間に壁面へ描画を行う。「グラフィティ」のタギング行為における人間の身体や主張を排除し、描画プロセスのダイナミズムや即興性、記号性といった要素のみを提示することで、その行為の本質を探る。

© So KANNO, Takahiro YAMAGUCHI

プロフィール

菅野 創

KANNO So

日本

1984年生まれ。情報科学芸術大学院大学(IAMAS)メディア表現研究科メディア表現専攻修了。電子回路やプログラミングを用いて、道具性のある作品を制作している。

( 2011 )

山口 崇洋

YAMAGUCHI Takahiro

日本

1984年生まれ。多摩美術大学大学院デザイン専攻情報デザイン領域修了。身体性の伴った文字表現や、公共性などを主なキーワードに研究・制作活動を行う。

( 2011 )

贈賞理由

グラフィティの本質を探るドローイングマシンこのグラフィティアーティストには、肩ひじ張った主張や作為はない。あるのは純粋に描こうとする行為のみである。しかしながら、このアーティストは人間でもないのに、極めて感覚的だ。一見してカオティックに描かれる規則性は、人間の腰の動きと肩を軸とした腕の動きを統合した運動と同様の、二重振り子の運動によって作り出されている。グラフィティアーティストにとって、この極限のダンスこそが理想であり、社会の壁にぶつける肉体的メッセージでもある。それでも彼は人間ではない。しかしながら、審査委員たちには、ここで描かれ表現されているグラフィティから情動を感じざるを得なかった。人間と同スケールのグラフィティーを描き出すこの寡黙なアーティストにエールを送りたい。

部門トップに戻る