今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

Between Light and Darkness

Ville ANDERSSON

デジタルフォト

言語化できないイメージや抽象的な景色をテーマに撮影されたデジタルフォト作品。幻想的なビジュアルによって、現実と空想との境目を行き来し、夢の中にいるかのような世界を展開する。随所に物質性を感じさせるマテリアルや生々しい人間の身体を入れ込むことで、視覚的な感覚の対比がもたらすイメージの「妙」を表現している。

©Ville Andersson

部門トップに戻る