今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

Timescan Photographs

Stefan HOEDERATH

グラフィック

左から右へ順次に露光していく自作のデジタルスキャナーカメラを用いて、ニューヨーク、ベルリン、東京、プラハの風景を撮影した作品。被写体が動くと視覚的に歪み、止まっていると古典的なスナップショットのように写る、フォーカルプレーンシャッターの原理に似た技法を用いている。被写体の連続的な移動によって形成された作品は、写真本来の「瞬間を切り取る」という性質を拡張し、1枚の中に時間軸を有する画面を生み出す。

© Stefan Hoederath

部門トップに戻る