今年度のフェスティバルへ

マンガ部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

氷河期

ニコラ・ド・クレシー(著) / 大西 愛子(訳)

Nicolas de CRÉCY (Artist) / ONISHI Aiko (Translation)

単行本・雑誌

物語の舞台は、地表が氷河に覆われた未来のパリ。膨大な美術品を抱えたまま雪の中で眠る美術館を発見した考古学調査隊が、「失われた文明」を読み解くべく、奇妙な解釈を展開していく。探査犬を相手に「美術品」が自身の過去を語るなど、独創的かつシニカルなストーリー展開で、ルーヴル美術館の魅力をコミックという切り口で伝えようと企画された。新しい形の「ルーヴル美術館への案内書」ともいえる作品。

©Futuropolis / Musée du Louvre éditions, 2005

部門トップに戻る