今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

優秀賞

グスコーブドリの伝記

杉井ギサブロー

SUGII Gisaburo

劇場アニメーション [日本]

少年「ブドリ」は、美しきイーハトーヴの森で、両親と妹の「ネリ」と毎日を幸せに楽しく暮らしていた。ところが、突然やって来た冷害でブドリはひとりぼっちになってしまう。森を出る決心をしたブドリは赤ひげの沼ばたけで働くが、やがてそこも寒さで収穫が途絶えることに……。あてもなく旅に出たブドリは、イーハトーヴ市を訪れ、クーボー博士と出会う。博士に紹介してもらった火山局でブドリは懸命に働き、逞しく成長してゆく。だが、あの寒さが再び忍び寄ろうとしていた。「あんなことは二度とあってはいけない。ボクにも、できることがきっとある」。愛する故郷と大切なみんなを守るため、ブドリはある決意をする。ますむらひろしによる猫をキャラクターとしたマンガ版をベースとして、宮沢賢治の世界を新たに構成した作品。
(106分/素材・媒体・技法:35mmプリント、DCP)

企画:渡邊桐子│プロデューサー:清水義裕(株式会社手塚プロダクション)/渡辺繁│原作:宮沢賢治│キャラクター原案:ますむらひろし│音楽:小松亮太│監督・脚本:杉井ギサブロー│アニメーション監督:前田庸生│キャラクターデザイン・総作画監督・アニメーション演出:江口摩吏介│作画監督:三嶽理絵│美術監督:阿部行夫│映像美術:河野羚│幻想世界美術:平田秀一│色彩デザイン:馬郡美保子│タイポグラフィ:佐藤直樹│撮影監督:佐藤陽一郎│編集:古川雅士│音響監督:藤山房伸│音響効果:北方将実│映像ディレクター:篠崎亨│アニメーション制作:手塚プロダクション
©2012「グスコーブドリの伝記」製作委員会/ますむら・ひろし

プロフィール

杉井 ギサブロー

SUGII Gisaburo

日本

1940年、静岡県生まれ。アニメーション監督、日本画家。東映動画でアニメーターとして仕事を始め、後に虫プロダクションに移籍。『悟空の大冒険』で初監督。その後グループ・タックを結成し『哀しみのベラドンナ』で作画監督・原画を務める。主な監督作品に『タッチ』『銀河鉄道の夜』『陽だまりの樹』『あらしのよるに』などがある。

( 2012 )

贈賞理由

宮沢賢治の童話を再構築するという至難な映像化を、アニメーションの特質を総動員して表現することで実現した作品だ。擬人化された猫キャラクター、濃厚なる山林や田園の美術、現実から意識が離脱した時の幻惑感、イーハトーヴの暖かな未来感覚、そして冥界から迫る使者の怜悧な恐怖感など、ヴィジュアルで感情を喚起して原作の“核”に迫っている。前世紀初頭、東北地方で起きた現実の冷害をきっかけに書かれたこの童話が、偶然とはいえ東日本大震災から時間をおかず公開された意義も深い。同じ杉井ギサブローによる映画『銀河鉄道の夜』を深化させた作品として印象に強く残る。

部門トップに戻る