今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

  • Photo: Xavier Voirol

  • Photo: Xavier Voirol

  • Photo: Xavier Voirol

大賞

Watch Movie

Pendulum Choir

Cod.Act (Michel DÉCOSTERD / André DÉCOSTERD)

ミュージックパフォーマンス [スイス]

9人のアカペラと18の油圧ジャッキからなるオリジナル合唱作品。歌い手たちは角度可変の台座の上に立ち、生きた音響要素となる。9人はさまざまな状態に置かれた身体から音を生み出し、変化する音に合わせてなめらかに体勢を変えてゆく。彼らが発するのは、抽象的な音、反復する音、詩的あるいは物語的な音などさまざまである。9人の身体と声は重力と戯れ、そして抗う。互いの体を避け合いながら、繊細なポリフォニーを創りあげてゆく。合唱は、電子音を伴って一体感を打ち破りながら盛り上がりを見せ、または秘教的な祭礼のように停止する。彼らの身体は機械仕掛けの寓意のなかを生から死へと進んでいくのだ。テクノロジーの複雑性と生身の身体の叙情が融合した『Pendulum Choir』は創世的な特質を備えた作品と言える。
(構成:油圧式金属構造装置、アカペラ歌手9人、電子機器|サイズ/空間: 340×430×280 cm)

コンセプト・構成・作曲:Michel DÉCOSTERD and André DÉCOSTERD|通訳:Jeune Opéra Copagnie
声楽パート|ディレクター:Nicolas FARINE|テノール:Wol fgang BEHRENZ /Alain BERTSCHY /Michel MÜLHAUSER|バリトン:Etienne HERSPERGER/Sacha MICHON/Christophe GINDRAUX|バス: Francesco BIAMONTE / Nicolas FARINE /Christophe MIRONNEAU l 技術協力:Jacques DÉCOSTERD / François BOMMOTTET
©Cod.Act

プロフィール

Cod.Act

MichelとAndréは互いのノウハウを融合させ、パフォーマンスやインタラクティブインスタレーションなどを展開してきた。音と動き、そしてそれらの相互作用の可能性を洞察することが、アプローチの根底にある。1999年以来この二人が制作してきた複雑な装置は、無駄が無く機能的で、インダストリアルな世界を想起させる。Cod.Actの創る装置は、物理的な動きを音の現象へと変容させる。

( 2014 )

Michel DÉCOSTERD

スイス

1969年、スイス生まれ。専門領域は造形美術、建築、サウンドマシーンなど。

( 2012 )

André DÉCOSTERD

スイス

1967年、スイス生まれ。音楽家、作曲家、プログラマー。

( 2012 )

贈賞理由

声楽家たちの身体をコンピュータ制御によって一方的に揺らしながら「合唱させる」という、わかりやすく、エンターテインメントのようにも見えそうなこの作品は、しかし機械(テクノロジー)社会のただなかに生きる「人間の表現」というものの本質を深く考えさせるものだった。声楽家たちは表情豊かに歌っている。しかし、目に見えるその様子はもはや人間によるものではない。彼らの身体は直立不動のまま機械に縛り付けられているのである。伝統に従って声を合わせて歌う人間たちと、その動きを個別に統制、制御する機械システムとの違和感を伴う不可分な関係性こそがこの作品の卓越した魅力である。それはもはや人間のみによってなされるものではなく、高度なテクノロジーとともに人間が創りうる芸術の未来を予感させるものだった。また、その背後にはアイディアを実現する高い技術力、さらには、この作品の完成度に見合う、電子音響を伴う声楽パートの優れたコンポジションが存在している。

部門トップに戻る