今年度のフェスティバルへ

マンガ部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

澄江堂主人

山川 直人

YAMAKAWA Naoto

[日本]

マンガ界の“吟遊詩人”とも称される異才が、綿密な考証と自在な解釈で描く、文豪・芥川龍之介の生と死。漱石・谷崎・百間(現代の表記は「百閒」)ら多彩な表現者たちとの交流や、震災・戦争の影など激動する時代を活写しながら、天才作家の死に至る彷徨を繊細に描き出し、あの「ぼんやりした不安」の意味に新たな光を当てる。
(『月刊コミックビーム』連載開始2009年12月12日発売号~連載終了2012年8月12日発売号)

©YAMAKAWA Naoto

プロフィール

山川 直人

YAMAKAWA Naoto

日本

1962年、東京都生まれ。代表作に『コーヒーもう一杯』(エンターブレイン)など。『月刊コミックビーム』(KADOKAWA)2014年12月号─ 連載中

( 2017 )

部門トップに戻る